しまった色紙がない!有名人に会った時にサインしてもらうものは?

有名人に会ったらサインをもらいたい

飲食店などに行くと壁いっぱいに有名人のサインの色紙を飾っているお店がありますが、有名人と会ったらやはりサインをしてもらいたいと思うのが人情というものでしょう。サインは通常色紙に書いてもらいますが、お店の場合であれば事前に用紙しておくことができます。しかし、街で突然ばったりと有名人に会った場合には色紙を持っていないのが普通でしょう。そうなった場合には、「じゃサインはいいです」としてしまうのは勿体ないでしょう。

突然のサインは手帳にしてもらえばいい

有名人と突然出会い、どうしてもサインが欲しいが色紙がない、という場合には、落ち着いて自分の手帳を探すといいでしょう。スマホ全盛の時代ですが、スケジュール管理は紙の手帳を使っている人が多いようですので、色紙がない時の代用の一番手として手帳を思い浮かべるのがお勧めです。そういったものがまったくない場合には、シャツに書いてもらったり、ハンカチに書いてもらったりする方法もありますので、あきらめず冷静に考えるといいでしょう。

最後の手段は体の一部分を使う

有名人に会ってサインが欲しい時に、色紙もない、手帳もない、サインを書かれても困らない布もないといった場合はいよいよ最終手段を選ぶしかありません。それは、体の一部分にサインを書いてもらうという方法です。背中やお腹、手の甲や腕の部分などに書いてもらうのです。これはその有名人のファンの人であればうれしいかもしれませんが、残念なことにお風呂に入れば消えてしまうというデメリットがあります。消えてしまう前に写真で残しておくといいでしょう。

山本英俊は、過去にパチンコ業界の話題をメディアに振りまいた人物の1人です。現在は競馬業界で活動していることが多いです。

1 2 3